施工例

トイレタンクに水が溜まらない時の対処法

投稿日:

このページでは、トイレタンク内に水が溜まらない修理例やトイレタンクに水が溜まらない原因やご家庭でできる対処法についてご紹介しています。

水が溜まらないトイレタンクの修理例

先日に、神奈川県内にお住まいのお客様から、「トイレタンクに水が溜まらない」とご相談があり、修理にうかがいました。なぜトイレタンクに水が溜まらないのか、その原因を調べるために最初にトイレの点検を行いました。

トイレタンク内水あり

トイレタンクの蓋を開けた状態で撮影したものが上の画像です。トイレタンク内には、画像のようにパーツが入っています。タンク内をしっかりと点検したところ、オーバーフロー管の付け根にひび割れが確認されましたので、新しいオーバーフロー管へ交換することとなりました。点検からわかったトイレタンクに水が溜まらない原因をお客様にお伝えし、修理内容、修理費用見積もりに対して同意を頂けましたので、すぐに修理を行います。

古いオーバーフロー管

トイレタンク内の水を一旦抜いてからトイレタンクを取り外し、古いオーバーフロー管を取り出します。

オーバーフロー管交換中

上の画像に写る左の段ボール内にあるものが新しいオーバーフロー管で、右側が先ほどトイレタンクから取り出した古いオーバーフロー管です。新しいオーバーフロー管をトイレタンクに設置して、元通りにタンク内のパーツを戻します。最後にトイレの水洗レバーを回して、問題なく水が流れることを確認しました。

オーバーフロー管とは

さて、上記で交換したオーバーフロー管についてここで簡単にご紹介します。ご存じかと思いますが、オーバーフローとは「溢れる」という意味です。トイレタンク内にあるオーバーフロー管は、トイレタンク内の水が溢れることを防止するためのパーツです。このパーツに不具合があると、今回のお宅のように水が溜まらなくなることがあります。またオーバーフロー管が劣化をするとトイレの水が止まらなくなり、水が出続けることもあるのです。オーバーフロー管は、劣化してひび割れることや折れることがあります。劣化している場合は、軽く手が当たっただけで折れてしまうこともあります。

トイレタンクに水が溜まらない原因とは

通常は給水管から水が供給されるために、トイレタンク内に水が溜まります。しかし、給水系のパーツなど不具合があると、トイレタンクに水が溜まりません。そのため、給水系統の不具合がまずは原因として疑われます。さらに先ほどご紹介したオーバーフロー管という排水系統のパーツの不具合でも、トイレタンクに水が溜まらなくなります。具体的な原因を見てみましょう。

・止水栓が閉まっている
トイレには止水栓があります。止水栓を閉めたご記憶がある場合は、止水栓をあけてください。止水栓が閉まっていますと、トイレに水が供給されなくなるために、トイレタンク内に水が溜まらなくなります。

・断水している、水道元栓が閉まっている
何らかの原因で断水している、水道元栓が閉まっている場合は、止水栓と同様にトイレに水が供給されなくなりますので、トイレタンク内に水が溜まらなくなります。

・オーバーフロー管の不具合
オーバーフロー管は、劣化をして、折れたりひび割れたりすることがあります。オーバーフロー管に不具合があると、トイレタンク内に水が溜まりません。

・浮き球がひっかかっている
トイレタンク内には浮き球と呼ばれるパーツがあります。この浮き球が上下に動くことで、トイレタンクに給水されたり、止まったりします。タンク内のパーツや内側の壁に浮き球がひっかかり、上がったままの状態になりますと、トイレタンクに水が溜まらなくなります。

・給水接続部にフィルターがある場合はフィルターの目詰まり
給水接続部にフィルターがあるお宅の場合はこのフィルターが目詰まりしている可能性も考えられます。このフィルターにゴミが溜まると、目詰まりをして水がスムーズに流れなくなり、トイレタンクに水が溜まりにくくなります。

・ダイヤフラムの劣化
トイレタンク内のダイヤフラムと呼ばれるパーツに不具合が生じると、トイレタンク内に水が給水されなくなり、水が溜まらなくなります。

上記のように、トイレタンクに水が溜まらない原因は複数考えられ、原因ごとに修理は異なります。そのために、修理前に何が原因でトイレタンクに水が溜まらないのかしっかりと点検することが重要になります。神奈川水道修理サービスのスタッフは、プロの目でしっかりと点検をしますので、ご安心ください。

トイレタンクに水が溜まらない時の対処法

まずは止水栓、水道元栓が閉めたまま開け忘れていたら、止水栓や水道元栓を開けてください。また断水のお知らせがないかどうかも確認してみてください。キッチン蛇口などトイレ以外の水の供給も止まっている場合は、断水の可能性が考えられます。
止水栓、水道元栓も開いていて、断水も確認されない場合は、トイレタンク内のパーツ不具合が原因として考えられます。可能な場合は、トイレタンクのフタを開けて、タンク内を確認してみてください。

・トイレタンクのフタの開け方
トイレタンクはそのまま真上にもちあげればフタを開けられるものと、そうでないものがあります。タンクのフタがナットでつながっていて持ち上げただけでは開けられない場合は、フタを起こしてナットを左回りにまわして外してください。

・浮き球の確認
トイレタンク内の浮き球がパーツなどにひっかかっていないかをご確認していただき、もしもひっかかっていたら手でひっかかりを取り除いてください。

・トイレ洗浄剤など異物がトイレタンクに落ちていないかを確認
トイレタンク内にトイレ洗浄剤や砂利などが入ってしまいフィルターが詰まることがあります。トイレタンク内に異物が入っていないかご確認ください。万が一に異物が入っている場合は、無理のない範囲で取り出してみてください。

可能な範囲でご確認、ご対応していただき、トイレタンク内に水が溜まらない場合は、どうぞお気軽に当社へご相談ください。

水が溜まらないトイレタンクの修理費用

原因により料金は異なりますが、8800円より承っております。神奈川水道修理サービスは、神奈川県内のどのようなトイレトラブルにも修理をします。小さなことでもまずはお気軽にご相談ください。

トイレタンクに水が溜まらなくて、トイレの水を流せないときの対処法

通常は、水洗レバーを回して、便器内の水を洗浄しますが、トイレタンク内に水が溜まらない場合は、バケツでの洗浄をおすすめします。大きなバケツなどの容器に水を6リットルほどご用意していただき、トイレ便器内の水溜まり箇所に2秒か3秒で流して頂くと、洗浄ができます。この時、水が床面や壁に飛び散らないようご注意ください。

ご相談・お申込み

電話番号:0120-922-311
※お問い合せメールフォームはこちら>>
朝8時00分から夜8時00分(土日も営業)
即日対応・出張無料

対応エリア

横浜市鶴見区・横浜市神奈川区・横浜市西区・横浜市中区・横浜市南区・横浜市保土ケ谷区・横浜市磯子区・横浜市金沢区・横浜市港北区・横浜市戸塚区・横浜市港南区・横浜市旭区・横浜市緑区・横浜市瀬谷区・横浜市栄区・横浜市泉区・横浜市青葉区・横浜市都筑区・川崎市川崎区・川崎市幸区・川崎市中原区・川崎市高津区・川崎市多摩区・川崎市宮前区・川崎市麻生区・相模原市緑区・相模原市中央区・相模原市南区・横須賀市・平塚市・鎌倉市・藤沢市・小田原市・茅ヶ崎市・逗子市・三浦市・秦野市・厚木市・大和市・伊勢原市・海老名市・座間市・南足柄市・綾瀬市・三浦郡葉山町・高座郡寒川町・中郡大磯町・中郡二宮町・足柄上郡中井町・足柄上郡大井町・足柄上郡松田町・足柄上郡山北町・足柄上郡開成町・足柄下郡箱根町・足柄下郡真鶴町・足柄下郡湯河原町・愛甲郡愛川町・愛甲郡清川村・東京都町田市


水のトラブル 即日対応!お電話ください!神奈川県全域対応!お見積り無料 出張無料 0120-922-311

-施工例

Copyright© 神奈川水道修理サービス , 2020 All Rights Reserved.