施工例

相模原市で水漏れする洗面所蛇口の修理例と洗面水栓の交換工事例

投稿日:

このページでは、水漏れする洗面所蛇口の修理例と洗面水栓の交換工事例をご紹介しています。

相模原市の水漏れする洗面所蛇口の修理例

先日、当社に相模原市にお住まいのお客様から「洗面所蛇口のハンドルを回して止水しても、水が漏れる。すぐに来てほしい。」と電話でご相談がありました。当社の技術スタッフがすぐにお客様のお宅に訪問しました。

水漏れ洗面所蛇口

こちらが水漏れする洗面所蛇口です。この水栓のどこから水漏れしているのか、水漏れの原因は何かを知るために、これから点検をしていきます。洗面所蛇口の点検の結果、洗面所蛇口のハンドル部に使用されているスピンドルというパーツに不具合があることがわかりました。
スピンドルとは、洗面所蛇口のハンドルを回すための回転軸となるパーツです。長く使用することでスピンドルのネジ山が削れて、蛇口のハンドルがしっかりと回らずに、ハンドルがグラついた状態でした。このスピンドルが劣化すると、ハンドルを回しても止水できなくなることがございます。
こちらのお客様のお宅の洗面所蛇口は設置してから20年以上が経過している古い洗面所蛇口だったため、このようなスピンドルの経年劣化がありました。また、点検をしてみるとスピンドルの他にも、ケレップのパッキンも劣化していました。ケレップとは洗面所蛇口のハンドル部にある内部パーツのことで、コマのような形をしているパーツです。古い水栓だたっため、お客様に水栓交換をご提案させていただきましたが、ひとまず不具合のあるパーツを交換して修理のみをご希望でしたので、不具合のあるパーツのみを交換致しました。

洗面所水栓修理中

上の画像の右側のハンドル部を分解している様子です。

スピンドルセット

洗面所蛇口ハンドル内部のパーツを取り外し、新しいパーツへと交換しました。最後に問題なく洗面所蛇口が使えることを確認いたしました。

また、別のお宅の水漏れする洗面所蛇口の修理事例もご紹介します。
神奈川県内の別のお宅で、「洗面所蛇口のハンドルを回しても水が止まらないので、すぐに来て修理をしてほしい。」とご連絡がありました。

水漏れする洗面所水栓修理前

ハンドルを回しても止水ができず、水が出っぱなしの状態でした。点検したところ、こちらのお宅もハンドル部に使用されているスピンドルの劣化でした。

水漏れする洗面所水栓2

ハンドルを回して劣化したパーツを取り出します。小さなパーツなので、洗面所排水口に落とさないよう、栓をして作業しています。事前にご用意しておいた新しいパーツに交換して修理を行いました。

ここでご紹介した2件のお宅では、不具合のあるパーツを新しいものへと交換する修理を行いましたが、当社は洗面所蛇口の交換も承っております。特に、古い洗面所蛇口をご使用の場合は、当社スタッフから、蛇口交換をおすすめさせて頂く場合があります。洗面所蛇口は十数年使用していると、あちこち不具合が生じやすくなります。いわゆる寿命を迎えている洗面所蛇口では、不具合のあるパーツを交換して修理しても、またすぐに別のパーツで不具合が発生することがございます。2箇所以上のパーツを修理する費用と、洗面所蛇口全体を交換する費用にさほど大きな差がないことから、蛇口交換もおすすめしております。
新しい洗面所蛇口に交換をご希望のお客様もお気軽にご相談ください。

洗面水栓の水漏れ原因

ここでは2ハンドルタイプの洗面水栓の水漏れ原因についてご紹介しています。

・2ハンドル混合水栓とは
水漏れする洗面所水栓修理前

今回ご紹介しましたハンドルが2つあるタイプの洗面水栓を2ハンドル混合水栓と呼びます。湯と水それぞれのハンドルがあり、この2つのハンドルを使用して、湯と水の量を調節することができる水栓です。

・ハンドル下から水漏れする
ハンドル部に使用されている内部パーツの劣化が原因の可能性がございます。この内部パーツを交換することで修理をします。

・ハンドルを回して止水しても吐水口から水漏れする
吐水口(とすいこう)とは水が出てくる部分のことを言います。スピンドルの劣化、ケレップの劣化などハンドル部に使用されている内部パーツの劣化が考えられますので、新しいパーツに交換します。

洗面水栓が水漏れするときの対処法

ハンドルを回して止水しても水が止まらないような洗面水栓の水漏れでは、次でご紹介する対処法がおすすめです。

・洗面水栓の止水栓を閉める
洗面水栓には止水栓という水栓金具がございます。洗面ボウルの下にある収納扉を開けると、ハンドルが2つあるかと思います。湯側止水栓、水側止水栓があるため2つあるのです。この2つの止水栓を右回り(時計回り)に回して止水してください。ハンドルを回すと、洗面水栓への水の供給が停止します。

・水道元栓を閉める
洗面水栓の止水栓を閉められない場合は、水道元栓を閉めることをおすすめします。水道元栓は、屋外の地面にある「量水器」と書かれた青色のフタの中にあります。フタを開けると水道メーターと一緒に水道元栓が格納されています。ハンドルタイプの水道元栓は、右回り(時計回り)に、レバータイプは反対側に倒して止水してください。
マンションなどの集合住宅では地面ではなく、玄関扉の左右どちらかにある金属扉の中にありますので、ご確認ください。また、水道元栓を閉めると、ご自宅への水の供給が停止します。

洗面水栓のメーカー名、品番の調べ方

スピンドルなど洗面水栓の内部パーツはメーカー、品番によって大きさが異なり、適合しない場合がございます。事前にお客様がご使用になっている洗面水栓のメーカー名、品番を当社にお伝え頂けると、適合するパーツをご用意しスムーズに修理をすることができますので、ご協力をお願いします。ここでは、メーカー名、品番の調べ方をご紹介します。

【TOTO】

TOTO

【LIXIL】

リクシル

【KVK】

KVK

KVK2

上記の画像をご参照に、洗面水栓のメーカー名、品番を当社へお知らせください。メーカー名、品番が書かれたシールは、水栓の根元など確認しにくい箇所にありますので、手鏡やカメラモードの携帯電話をかざしてご確認ください。
万が一、メーカー名や品番がわからない場合は、洗面水栓全体の画像を撮影頂き、その画像を当社メールフォームよりお送り頂けましたら、メーカーへ問い合わせを行いますので、お気軽にお申し付けください。

 

ご相談・お申込み

電話番号:0120-922-311
※お問い合せメールフォームはこちら>>
朝8時00分から夜8時00分(土日も営業)
即日対応・出張無料

対応エリア

横浜市鶴見区・横浜市神奈川区・横浜市西区・横浜市中区・横浜市南区・横浜市保土ケ谷区・横浜市磯子区・横浜市金沢区・横浜市港北区・横浜市戸塚区・横浜市港南区・横浜市旭区・横浜市緑区・横浜市瀬谷区・横浜市栄区・横浜市泉区・横浜市青葉区・横浜市都筑区・川崎市川崎区・川崎市幸区・川崎市中原区・川崎市高津区・川崎市多摩区・川崎市宮前区・川崎市麻生区・相模原市緑区・相模原市中央区・相模原市南区・横須賀市・平塚市・鎌倉市・藤沢市・小田原市・茅ヶ崎市・逗子市・三浦市・秦野市・厚木市・大和市・伊勢原市・海老名市・座間市・南足柄市・綾瀬市・三浦郡葉山町・高座郡寒川町・中郡大磯町・中郡二宮町・足柄上郡中井町・足柄上郡大井町・足柄上郡松田町・足柄上郡山北町・足柄上郡開成町・足柄下郡箱根町・足柄下郡真鶴町・足柄下郡湯河原町・愛甲郡愛川町・愛甲郡清川村・東京都町田市


水のトラブル 即日対応!お電話ください!神奈川県全域対応!お見積り無料 出張無料 0120-922-311

-施工例

Copyright© 神奈川水道修理サービス , 2020 All Rights Reserved.