トイレ 施工例

トイレにスプレーのフタ(キャップ)を流した詰まりの修理

投稿日:

川崎市でスプレーフタを落としたトイレつまりの修理

トイレ掃除後に缶にフタをはめようとした時に、フタを便器内に落としたお客様から電話をいただきました。

洗浄レバーを回して水が流れていた時にフタを落とした為、フタは便器の中にカポッと音をたてて流れていったそうな。

読んでいる読者様は「そんなタイミングでフタを落とすことあるの?」と思われるかも知れませんが、神奈川県の全体に対応している当社にはけっこう頻繁に類似案件でお電話をいただくので同じトラブルが多いのだと思います。

スプレーのフタを取り付けることは若い方には何でもない作業ですが、高齢になると手にチカラが入らずに取り付けたつもりでも、実際はキチンとはまっていなくて手を離すとフタが落ちることが増えるようなのです。

普段は落ちたフタを拾って再度取り付けるのですが、たまたまトイレの水が流れているタイミングでフタを落とすと便器に詰まります。

もう掃除スプレーや消臭スプレーのフタは最初に捨てて、フタなしで使ったほうが良いような気がしています。フタがなくても問題なく使えますしねぇ。

現場到着して見積もり後に作業開始

スプレーキャップつまり

電話をいただいた川崎市のお客様宅に到着後に、まずは点検とお見積りをして作業を始めます。

便器を設置した状態で取り外さずに修理ができることもあるのですが、今回は奥のほうまで流れている様子で、便器を取り外してスプレーキャップ(フタ)を取り出すことにしました。

トイレ取り外し

便器の裏側の排水穴から道具を差し入れてフタを取り出そうとするのですが、排水経路の曲がり角にハマり込む様にカチッと詰まっていて、まったく出てくる様子はありません。

太い棒だと穴に入っていかないし、細い棒だとチカラが入らないため、作業が難航し気がつけば1時間近くが経過していました。

途中で圧縮空気を送り込んで風圧でフタを動かそうとしましたが、これも失敗。。。。

最後は便器を外に持ち出して高圧洗浄機を使用してフタを取り出しました。

スプレーのキャップ

写真の右側に写っているのが取り出したフタ(キャップ)です。

 

作業完了後にお客様にお話を聞いたところ、フタを流して最初のころは何とか水が流れていたために、半日くらい普通に使っていたそうです。

しかし、段々と水が流れなくなったので、ラバーカップ(すっぽん)を使用て作業をしたがうまくいかず、修理を依頼する業者をネット検索で探して当社に電話をしてみたそうです。

なるほど、どうりでフタが奥のほうまで流れていっている訳が理解できました。

 

プロが勧めるトイレに固形物を流した時の対処法

今回のお客様が行った対処方法は、最善の対応方法を知らないために間違ってしまったのだと思います。

もっと早くに知っていれば、もしかすると業者を呼ばなくても直った可能性があります。

そこで、このページのここからは「プロが勧めるトイレに固形物を流した時の対処法」を載せたいと思います。

基本的な考え方として「固形物を奥に移動させずに、できるだけ手前側で取り出す」をまずは覚えてください。

そのために最も大切なことは、トイレの水を一度も流さないことです!

 

固形物の種類・・・今回のフタは軽くて浮力がある固形物です。 例えばスマホがトイレに流してしまった固形物である場合は重さがあって浮力のない固形物になります。また、ブルーレットや液体が入ったスプレー缶、100円ライター、メガネなどはその2つの中間とも言える少し重さがあり、多少の浮力はあるが水に浮かないものもある位置付けとなります。

また、綿棒やプラスチック片、スプレーのフタ、トイレットペーパーの芯などは浮力(水に浮く)がある固形物になります。

 

それらを水が流れていない便器内に落とすと、浮力のない重いものは水たまり箇所に沈んだ状態ですが、浮力があるものは便器の水たまり箇所の裏側に浮いている状態になることがあります。

つまり、見えないだけで便器の排水口付近にはあるのです。ブルーレットや少し重さのあるプラスチックなどがこれに該当するのですが、便器内の水を灯油ポンプで抜くと浮いている固形物が落ちてきて取り出すことができる可能性があります。

 

少し大きさのある固形物・・・・スマホやメガネ、紙オムツなどは便器の排水口付近に引っかかって留まっている可能性があります。 ナイロン手袋をはめて便器の排水口に手を入れてみてください。

 

小さな固形物を流してしまった場合・・・100円ライターや糸ようじ、綿棒、小さなスプレー缶のフタ、リップスティックなどを水で流してしまった場合は、便器の奥のほうまで流れていっている可能性があります。水を流して便器内の水位が上がってくる場合は、そのまま何もせずに業者に修理を依頼してください。 便器内の水位が上昇せずにいつもと変わらない場合は排水管まで流ていっている可能性があるため、そのまま様子をみていただくのが良いかも知れません。

 

ラバーカップ作業(スッポン)・・・ラバーカップ作業は便やトイレットペーパーの詰まりには効果が期待できますが、固形物のつまりには不向きです。 上記ぞれぞれの方法を試して直らない場合は、業者に依頼することをご検討ください。

当社であれば出張無料・見積もり無料で即日にお伺いすることが可能です。

当日のご予約状況にもよりますが30分や1時間程度で伺えることもありますので、まずはお気軽にお問合せください。

 

ご相談・お申込み

電話番号:0120-922-311
※お問い合せメールフォームはこちら>>
朝8時00分から夜8時00分(土日も営業)
即日対応・出張無料

対応エリア

横浜市鶴見区・横浜市神奈川区・横浜市西区・横浜市中区・横浜市南区・横浜市保土ケ谷区・横浜市磯子区・横浜市金沢区・横浜市港北区・横浜市戸塚区・横浜市港南区・横浜市旭区・横浜市緑区・横浜市瀬谷区・横浜市栄区・横浜市泉区・横浜市青葉区・横浜市都筑区・川崎市川崎区・川崎市幸区・川崎市中原区・川崎市高津区・川崎市多摩区・川崎市宮前区・川崎市麻生区・相模原市緑区・相模原市中央区・相模原市南区・横須賀市・平塚市・鎌倉市・藤沢市・小田原市・茅ヶ崎市・逗子市・三浦市・秦野市・厚木市・大和市・伊勢原市・海老名市・座間市・南足柄市・綾瀬市・三浦郡葉山町・高座郡寒川町・中郡大磯町・中郡二宮町・足柄上郡中井町・足柄上郡大井町・足柄上郡松田町・足柄上郡山北町・足柄上郡開成町・足柄下郡箱根町・足柄下郡真鶴町・足柄下郡湯河原町・愛甲郡愛川町・愛甲郡清川村・東京都町田市


水のトラブル 即日対応!お電話ください!神奈川県全域対応!お見積り無料 出張無料 0120-922-311

-トイレ, 施工例

Copyright© 神奈川水道修理サービス , 2020 All Rights Reserved.