【秦野市】屋外配管の詰まりで排水マスのフタを開けると汚水が溜まっている(修理)

排水マスのフタ

「外部排水マスのフタを開けてみたら、汚水が溜まっていた」
「外部排水マスのつまりを何とかしたい」

そうお悩みではないでしょうか。

外部配管のマスが詰まっていると、トイレの水を流しても排泄物が戻ってきてしまうなどのトラブルが起こってしまいます。

結論から言うと、そんな場合には、自分で対処するのではなく水道業者に任せる方が間違いありません。

とはいえ、水道業者にお願いすると費用が気になるからできれば自分で何とかしたいと言う人もいるのではないでしょうか。
そこでこの記事では屋外排水マスがつまってしまう原因と対処法について具体的にお伝えします。

屋外排水がつまっているかどうか確かめるには

屋外排水管がつまっているかどうか確認するには、屋外の排水マスを確認する必要があります。
排水マスはその上蓋がマンホールのような形状をしており、取り外して中を確認することができます。

正常な状態であれば、排水マスを開けても、配管が見えるだけですが、つまりがある場合には汚水が排水マスに溜まった状態になります。

つまりを早期発見できれば、比較的簡単に対処できるのですが、長い間放置していると、どんどん対処が難しくなることも。

その場合には排水管全体の補修を行う必要があります。

屋外配管がつまる原因

屋外配管がつまるのはいくつかの原因があります。
具体的には以下の通りです。

・木の根が配管内に侵入してしまう
・マスコンクリートの破損
・排水トラップの脱落
・経年劣化による勾配不良

それぞれの原因について次で詳しく見ていきましょう。

・木の根が配管内に侵入してしまう

外部配管の場合、木の根が配管内に侵入してしまいそれがつまりの原因になることがあります。

「木の根がどうして配管内に侵入するの?」
そう疑問になる人もいるかもしれません。

実は配管内を通る汚水は樹木にとっては養分豊富な水です。
そのため、木の根が一度侵入すると、内部で徐々に増殖します。
その木が障害物となり、排水の流れが阻害されることでつまりの原因となってしまいます。

・マスコンクリートの破損

近年ではあまり見かけませんが、マスコンクリートの場合、経年劣化で水の侵入を許してしまうことがあります。

この経年劣化によってマスの周りの土砂が流れこみ、つまりの原因になってしまうのです。

・排水トラップの脱落

排水トラップがきちんと接続されていない場合、脱落してしまうことがあります。
脱落したトラップが排水の邪魔になってしまうことがつまりの原因の一つです。

排水トラップを取り付けることで解消しますが、きちんと接着できなければ同じことが起きてしいます。

・経年劣化による勾配不良

年月が経つことで地盤が変化し、排水に必要な勾配を排水管が確保しきれなくなることがあります。

この場合には排水管全体の勾配を調整しなければいけません。

屋外配管のつまりは自分で何とかできる?

屋外配管のつまりは自分で何とかするのは全体的に困難です。
何故なら、上記のトラブルの根本の原因はつまりを取り除いても解決しないことがほとんどだからです。

さらに屋外の排水トラップの補修はかなりの悪臭を発しているため、その匂いに耐えきれない人もいます。

場合によっては排水管全体の補修を行う必要があるため、水道業者にお願いした方が間違いありません。

屋外配管のつまりは応急処置までなら何とかなることも

屋外配管のつまりは応急処置で何とかなることもあります。
強烈な匂いを発しているため、それに耐えることさえしていればつまりの原因を取り除くことで解決可能です。

そのためにはまず以下の手順で行います。

・排水マスを空け問題となっている部分を特定する
・つまりの原因になっているものが手に届く範囲なら、ホースやケレン棒で削るなどして取り除く

ただし原因がはっきりしない場合にはそれ以上なんとかしようとせず、水道業者にお願いしましょう。
ただしただつまっているのではなく以下のことが原因の場合にはつまりがほとんどの場合再発します。

・排水管の勾配がおかしい
・排水管が外れてしまっている

一時的でもよいので、排水のつまりを改善したいと言う場合にはよいのですが、それが終われば水道業者に正式な工事をお願いしましょう。

上記の対処は高度な専門技術が必要になるため、個人で対処できる範囲ではありません。

屋外配管のつまりは水道業者に任せよう

今回は屋外配管がつまった場合の対処法について具体的にお伝えしました。
屋外配管がつまった場合には、つまりの原因が自分でもはっきりとわかる場合には何とかできるケースもありますが、ほとんどの場合自分だけでは対処できません。

そのため、水道業者を呼んで対処してもらった方が間違いのない対処ができますよ。
よほど緊急で一時的にでもつまりを解消しなければいけない場合を除いて、屋外配管がつまった場合には水道業者を呼んで対処してもらいましょう。

ご相談・お申込み

電話番号:0120-922-311

朝8時00分から夜8時00分(土日も営業)
即日対応・出張無料

【対応地域一覧】

神奈川県

横浜市(青葉区,都筑区,港北区,鶴見区,緑区,瀬谷区,旭区,保土ヶ谷区,神奈川区,西区,中区,南区,泉区,戸塚区,港南区,磯子区,栄区,金沢区)
川崎市 / 大和市 / 座間市 / 綾瀬市 / 海老名市 / 相模原市 / 厚木市 / 愛川町 / 伊勢原市 / 寒川町 / 茅ヶ崎市 / 藤沢市 / 鎌倉市 / 逗子市 / 葉山町 / 横須賀市 / 平塚市 / 大磯町 / 二宮町 / 中井町 / 秦野市 / 大井町 / 小田原市 /南足柄市

東京都
町田市 / 大田区 /

屋外配管

対応エリア

横浜市鶴見区・横浜市神奈川区・横浜市西区・横浜市中区・横浜市南区・横浜市保土ケ谷区・横浜市磯子区・横浜市金沢区・横浜市港北区・横浜市戸塚区・横浜市港南区・横浜市旭区・横浜市緑区・横浜市瀬谷区・横浜市栄区・横浜市泉区・横浜市青葉区・横浜市都筑区・川崎市川崎区・川崎市幸区・川崎市中原区・川崎市高津区・川崎市多摩区・川崎市宮前区・川崎市麻生区・相模原市緑区・相模原市中央区・相模原市南区・横須賀市・平塚市・鎌倉市・藤沢市・小田原市・茅ヶ崎市・逗子市・三浦市・秦野市・厚木市・大和市・伊勢原市・海老名市・座間市・南足柄市・綾瀬市・三浦郡葉山町・高座郡寒川町・中郡大磯町・中郡二宮町・足柄上郡中井町・足柄上郡大井町・足柄上郡松田町・足柄上郡山北町・足柄上郡開成町・足柄下郡箱根町・足柄下郡真鶴町・足柄下郡湯河原町・愛甲郡愛川町・愛甲郡清川村・東京都町田市



水のトラブル 即日対応!お電話ください!神奈川県全域対応!お見積り無料 出張無料 0120-922-311

投稿日:

Copyright© 神奈川水道修理サービス , 2021 All Rights Reserved.