横浜市・川崎市・相模原市など神奈川県全域対応の水道工事業者です。水漏れ、蛇口の交換と修理、キッチン、洗面所、風呂の排水つまり、トイレつまりの修理も対応しています。

神奈川水道修理サービス

【綾瀬市】TOTOトイレのレバーが空回りする原因とタンクに水が溜まらないトラブルの修理

「トイレのレバーが空回りして水が流れない」
「タンクに水がたまらないのをなんとかしたい」
そうお悩みではありませんか?

トイレのレバーが空回りして水が流れなくなると、困ってしまいますよね。
とは言え、普段レバーが空回りする事態を体験する人もそれほど多くないため、どうしたらいいのかわからないと思います。

そこでこのぺージでは、トイレのレバーが空回りしてしまう原因と対処法について具体的にお伝えします。

トイレの洗浄レバーが空回りする原因

トイレの洗浄レバーが空回りする原因として考えられるのは以下のようなケースです。

・レバーとフロートバルブに繋がっている鎖が切れている場合
・レバー本体が壊れている場合
・ボールタップ・ダイヤフラムが故障した場合
・オーバーフロー管が破損または故障した場合

レバーとフロートバルブに繋がっている鎖が切れている場合

トイレのレバーとフロートバルブに繋がっている鎖が切れている場合、レバーが空回りしてしまい、水が流れなくなります。
トイレのレバーを回すと、レバーに繋がっている鎖がフロートバルブを持ち上げることで、水が流れる仕組みになっています。

レバー本体が壊れている場合

レバー本体の軸が折れる、曲がるなどしてしまうことで、空回りしてしまうことがあります。
この場合にはレバー本体を交換することで解決します。

レバー

ボールタップ・ダイヤフラムが故障した場合

ボールタップやダイヤフラムが故障すると、水が溜まっていないのに水が止まってしまうことがあります。

ボールタップやダイヤフラムは、タンク内の水が溜まってきたときに水を止める役割を果たします。
壊れてタンクに水が溜まらない状態になると、レバーに水圧がかからず空回りするのです。

この場合には、ボールタップ、またはTOTOトイレの場合にはダイヤフラムを交換することで解決することがあります。

オーバーフロー管が故障した場合

オーバーフロー管とは、タンク内の水が多くなりすぎた場合に水を輩出する役割がある管です。
このオーバーフロー管が経年劣化によって折れてしまうことが空回りの原因になることもあります。

この場合には、オーバーフロー管を交換して対処します。

レバーが空回りする場合の対処法

トイレのレバーが空回りする場合の対処法について見ていきましょう。

・応急処置で手動で流すことはできる
・レバーハンドルを交換する
・フロートバルブとレバーをつなぐ鎖を取り付ける
・ボールタップ・ダイヤフラムを交換・修理する
・オーバーフロー管を交換する

レバーが回らない原因に合わせてこれらの対処法の中から、適切な方法で対処しましょう。

応急処置で手動で流すことはできる

「排泄物が残っているのをなんとかしたい」
レバーが空回りする場合、水が流れず排泄物が残った状態になっていることもありますよね。
そんな場合でも手動で水を流すことは可能です。

具体的には以下の手順で流します。

・水はね防止のため、トイレの床に雑巾や新聞紙を引いて汚れないようにカバーする
・バケツに6〜8リットルの水をため、ある程度勢いをつけて便器内に流し入れる
・最後もう一度4リットル程度流す

ただし、これは排泄物を流しきるのに十分な勢いが確保できていない場合、つまってしまう可能性もあります。
あくまで応急処置の一つだと考えてください。

レバーハンドルを交換する

ご使用中のトイレに適合するレバーハンドルを購入する。
レバーハンドルが曲がっている、折れている場合にはレバーハンドルを交換することで症状が改善する場合があります。
具体的には以下の手順で行います。

・レバーハンドルについている鎖を取り外す
・根元を固定しているナットをモンキーレンチで取り外す
・レバーハンドルを引き抜いて取り外す
・レバーハンドルの向きに注意して交換する
・作業と逆の手順で元に戻す

最後レバーを回してみて問題なく水が流れれば、作業完了です。

ボールタップ・ダイヤフラムを交換・修理する

ボールタップまたはダイヤフラムの交換手順は以下の通りです。

・ダイヤフラム・またはボールタップを品番に合わせて購入し準備する
・タンクを空けて、水を抜く
・ボールタップのバルブを取り外して、交換する
・バルブを元に戻したら、止水栓を調整する
・タンクを閉める

最後にレバーがきちんと回って水が流れることを確認すれば、作業完了です。

オーバーフロー管を交換する

オーバーフロー管が劣化している場合にはオーバーフロー管の交換を以下の手順で行います。

・ご使用中のトイレに適合するオーバーフロー管を購入する
・トイレタンクを取り外す
・ウォータープライヤーを準備し、オーバーフロー管を取り外す
・ウォータープライヤーを使って新しいオーバーフロー管を取り付ける

最後上記の逆の手順で元に戻し、レバーがきちんと回って水が流れれば作業完了です。

ご家庭での作業が難しい場合は当社で承りますので詳細をお問い合せください。

 

レバーが空回りする原因をまずは追及しましょう

今回はレバーが空回りしてトイレのタンク内に水がたまらない原因と対処法をお伝えしました。
これでトイレのレバーが空回りしたときにどんなところを確認して対処するべきかイメージがつかめたのではないでしょうか。
とはいえ、これらの対処にはタンクを取り外す必要がありますし、わからないことも多いですよね。
そんな場合に無理やり対処しようとして、部品が壊れてしまうことも考えられます。

そんな場合には水道業者を呼んで対処してもらった方がよい場合もありますよ。
ぜひ参考にしてみてください。

ご相談・お申込み

電話番号:0120-922-311

朝8時00分から夜8時00分(土日も営業)
即日対応・出張無料

【対応地域一覧】

神奈川県

横浜市(青葉区,都筑区,港北区,鶴見区,緑区,瀬谷区,旭区,保土ヶ谷区,神奈川区,西区,中区,南区,泉区,戸塚区,港南区,磯子区,栄区,金沢区)
川崎市 / 大和市 / 座間市 / 綾瀬市 / 海老名市 / 相模原市 / 厚木市 / 愛川町 / 伊勢原市 / 寒川町 / 茅ヶ崎市 / 藤沢市 / 鎌倉市 / 逗子市 / 葉山町 / 横須賀市 / 平塚市 / 大磯町 / 二宮町 / 中井町 / 秦野市 / 大井町 / 小田原市 /南足柄市

東京都
町田市 / 大田区 /

対応エリア

横浜市鶴見区・横浜市神奈川区・横浜市西区・横浜市中区・横浜市南区・横浜市保土ケ谷区・横浜市磯子区・横浜市金沢区・横浜市港北区・横浜市戸塚区・横浜市港南区・横浜市旭区・横浜市緑区・横浜市瀬谷区・横浜市栄区・横浜市泉区・横浜市青葉区・横浜市都筑区・川崎市川崎区・川崎市幸区・川崎市中原区・川崎市高津区・川崎市多摩区・川崎市宮前区・川崎市麻生区・相模原市緑区・相模原市中央区・相模原市南区・横須賀市・平塚市・鎌倉市・藤沢市・小田原市・茅ヶ崎市・逗子市・三浦市・秦野市・厚木市・大和市・伊勢原市・海老名市・座間市・南足柄市・綾瀬市・三浦郡葉山町・高座郡寒川町・中郡大磯町・中郡二宮町・足柄上郡中井町・足柄上郡大井町・足柄上郡松田町・足柄上郡山北町・足柄上郡開成町・足柄下郡箱根町・足柄下郡真鶴町・足柄下郡湯河原町・愛甲郡愛川町・愛甲郡清川村・東京都町田市



水のトラブル 即日対応!お電話ください!神奈川県全域対応!お見積り無料 出張無料 0120-922-311

投稿日:

Copyright© 神奈川水道修理サービス , 2021 All Rights Reserved.